<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
川のほとりで
日曜日の午後。
南から吹く湿った風のせいで
黒い雲の吹きだまりが
北の空を限りなく埋め尽くそうとしていた。

今にも泣き出しそうな灰色の空の下、
その人が言う『世界で一番好きな川』のほとりで
ささやかながら世界で一番幸せなひとときが流れていった。


そこにあるすべての草々、木、空気、風が
その人の息吹、細胞となり、
薄曇りの乳白色の光とともに
みんなをやさしくつつみこんでいた。


楽しそうなこどもの歌声。
淡々とかわされるゆるやかな会話。
ささやかながら心を満たす料理。


ああ、なんて幸せなんだろう。
人は幸せになるために生まれて来た。


積み重ねた年齢の分、
苦しみを多く乗り越えた。

そして、その笑顔にはまた、幸せの軌跡が刻まれ
喜びを分かちあう時がきた。



レッド先生、誕生日おめでとう!



どうか、65億の一人ひとりにも平等に
すばらしい愛につつまれた幸せが届きますように。



乾杯!













| 私生活 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
そろそろ次のブログが読みたいなぁ。。。。なんて。
| miki | 2006/08/04 12:14 AM |
も、も、も、もよっとしたら…。(-_-;)
| デイジー | 2006/08/08 5:29 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://daisy-s.jugem.jp/trackback/6